プロフィール

フォトアルバム

めでたいタコ

兵庫県明石にある蔵元。食べることが大好きで日本だけでなく世界中のローカルな食べ物にチャレンジし、美味しいものを見つけることに喜びを感じている。子供には、メタボと言われながらも食欲には勝てず、日夜美味しいものを探しています。お酒も、自由な発想で美味しいものを提案していくことを心がけ、こだわりは押し付けず常に美味しさを求めています。

Powered by Six Apart

酒かす Feed

2010年12月23日 (木)

酒かすミルク

おかげ様で酒かすが売れ続けてます。
 
酒かすが売れることは嬉しいのですが、合わせてお酒がもっと売れて欲しいと思っています。
 
さて、弊社の直売所酒笑本館でも、酒かすを販売しています。
 
そこで、酒かすミルクのレシピが置いてあったので、家で試しに作ってみました。
 
この時、使用したのは朝搾りのとろとろ酒かす。
 
結論。
 
酒かすミルクは、体を温めてくれて、程よい香りで美味でした。
 
思った以上の味に満足です。

2010年12月19日 (日)

酒かす

今日も酒かすについて
 
酒かすは、正直ものです。
 
お米が、麹菌で糖化されて、そのお米が溶けて酵母によってお酒になって行きます。
 
溶けずに残ったお米が酒かすです。
 
ですから、酒かすが美味しいと、お酒も美味しいと言うことが連想できます。
 
まず、収穫されたお米が蔵に入ってきたとき、お米の大きさや色・艶でお米の出来や品質を想像します。
 
年によって、お米の特徴が異なります。
 
今年は、とにかく酷暑の影響で、お米が割れやすいです。
 
さて、酒かす。
 
大吟醸など高級酒は、仕込みに使ったお米の半分くらいが酒かすになります。
 
本醸造は、弊社の場合、2割くらい。
 
酒かすの量が少なければ、お米が溶けて、たくさんお酒になったって言うことです。
 
ただ、溶け過ぎるとお酒の味に少し嫌な味が出てきたりするので気を使います。
 
さて、今回の朝搾り。
 
7割が酒かすでした。うーん。
 
ですので、今回の酒かすは、とろとろ?どろ?酒をたくさん含んでいます。
 
今日は、酒笑本館でお配りしているレシピから酒かすミルクを家で試してみます。
 
試してないのに、お店で配って申し訳ございません。
 

2010年12月18日 (土)

酒かす

今年は、NHKの「ためしてガッテン」に取り上げられたこともありますが、例年にも増して「酒かす」をお求めになられる方が多いです。
 
昨日も酒かすの依頼がありましたが、お断りした次第です。
 
粕汁は、体の芯から温めてくれますから。
 
でも、今年は、どこの蔵元も酒かすはないようです。
 
そして、今日、「朝搾りの酒かす」を500グラムごとに袋づめをしました。
 
明日から、お店で販売しますが、手搾りの酒かす団子です。
 
アルコールもたっぷりです。
 
とろとろと言いますか。
 
お店でお待ち申してます。

2010年11月29日 (月)

酒粕

追加で、少し驚いたので。
 
いつも、料理を作るときに参考にするサイト。
 
 
レシピ検索キーワードの第一位「酒粕」
 
酒粕は、美味しいです。

酒のかす

今日は、朝からお酒を搾ったあとに行う「粕離し」を行いました。
 
同時進行で、野菜焼酎の仕込みも2本。
 
12月1日から、「酒のかす」を販売する予定でしたが、皆様の強いお声に押されて、酒笑本館では本日より販売となりました。
 
今年から、入れ物もちゃんとした見栄えの良いものに変更しました。
 
そして、明日からは「パントリー明石店」で「清酒明石鯛 純米・酒のかす」の販売が始まります。
 
しかし、「酒のかす」。名前に「かす」が付くので、どうも聞こえが悪いです。
 
いい名前がないかと思います。
 
前にも書きましたが「あまざけ」もそうです。
 
アルコール分がゼロなのに、「あまざけ」
 
名づけのセンスがあったなら。
 
粕汁も美味しいですが、お酒も是非是非お楽しみください。