プロフィール

フォトアルバム

めでたいタコ

兵庫県明石にある蔵元。食べることが大好きで日本だけでなく世界中のローカルな食べ物にチャレンジし、美味しいものを見つけることに喜びを感じている。子供には、メタボと言われながらも食欲には勝てず、日夜美味しいものを探しています。お酒も、自由な発想で美味しいものを提案していくことを心がけ、こだわりは押し付けず常に美味しさを求めています。

Powered by Six Apart

リキュール Feed

2016年3月20日 (日)

五つ星ひょうごに選定されました。

平成27年度「五つ星ひょうご」に弊社の「とろとろいちごリキュール」が選定されました。

明石市魚住町清水地区のいちごをふんだんに使用しています。

Img_0844

そして、合わせて即売会が行われました。

Img_0840

12時開始でしたが、すごい数のお客様にお出で頂き驚くばかりでした。

Img_0843

3時を過ぎると落ち着いて写真を撮ることも出来ました。

Img_0841

今回、同じく「たまご焼きひろめ隊」の「たまご焼き」も選定されていました。

今年は、大分県でB−1が開催予定です。

2013年11月27日 (水)

神戸新聞に掲載されました。

本日の神戸新聞明石版に「大人のリキュールシャーベット」が掲載されました。

Photo

 

 須磨にある、ナナファームでお買い求め頂けます。

 あと、弊社店舗酒笑本館やネットでもお買上げ頂けます。

 温かいお部屋で、どうぞ。

2013年11月 5日 (火)

果物畑 大人のシャーベット

果物畑 大人のシャーベットを新発売致しました。

これは、美味しい果物の素材を生かしたリキュールを、食べるお客様がご自身で凍らせて召し上がって頂く商品です。

お酒は、飲むものが一般的ですが、今回は食べるリキュールのご提案です。

冷凍品は、扱いが難しいと思いませんか。

買って帰る途中で溶けてしまうんじゃないかと心配したことはありませんか?

お土産で持って行った先の冷凍庫がいっぱいだったらと心配したことはありませんか?

届いた冷凍品が、自宅の冷凍庫に収まりきらず一気に食べたことはありませんか?

こんなことを心配して凍結酒を造ることを諦めていました。

JAの女性職員がいつも「とろとろイチゴリキュールを凍らせたら美味しいと思うのに。」と、言う言葉を聞きながら、簡単に造って売れないのにと思っていました。

ここで、ふと気が付いたことは最初から凍らせて売ろうとするからダメなだけで、購入後お客様に凍らせて頂ければ液体のままで売れるということでした。

飲むリキュールも発売していますが、食べる「大人のシャーベット」は、造り方も味も違います。

香料や着色料は、無添加ですので果物の素材がそのまま。

出来るだけ、素材の良さを引き出すことを心がけました。

今回の一番のお薦めは、やはりイチゴ。

そして、一番、味で誤解を生んでしまった商品がバニラです。

弊社の女性スタッフが常に、「このバニラ味は普通のバニラと違います。」といつも言います。

「?????」

いつも、そのフレーズを聞いて普通のバニラって何?

言われて分かったのは、通常バニラ味と言えば、バニラアイスクリームのバニラ味を連想するそうです。

今回の弊社のバニラ味は、バニラビーンズの味と香りです。

私が個人的に好きなのと、マダガスカルで農場を経営する方に日本で会って最高級のバニラビーンズの話を聞いて惚れたから商品化しました。

ゆずとバラもご用意してます。

ぜひ、お試し頂き、お使い物にして頂ければと思っています。

これからは、暖房の効いたお部屋で、鍋物などお食事のお口直しにいかがでしょうか。

ちょっと贅沢な大人の時間を、大人のシャーベットでお楽しみください。

この大人のシャーベットは、アルコール度数が7%ありますので、お子様は食べることが出来ません。

また、口当たりが良いので、お酒の弱い方も食べる量にご注意ください。

ご感想も頂ければ嬉しいです。

 

 

 

 

2012年5月 9日 (水)

プリンセス オブ ローズ

もうすぐ母の日です。
今、うちで一押しなのがバラで造ったお酒「プリンセス オブ ローズ」。
このお酒は、かれこれ7年前の出会いに始まります。
奥出雲薔薇園さんとの出会いがスタートです。
ここの社長が、こだわってバラの新種さ姫を栽培されていました。
このさ姫、香りが素晴らしい。
そこで、このさ姫の花びらをお酒に漬けて新しいリキュール造りに挑戦しました。
最初は、山田錦で造った低アルコール清酒に漬けて販売を始めました。
バラの花びらも真ん中の部分だけを使用しています。
ところが、問題が。
今もそうですが、香料や色素などは全く使用していないので、
どうしても時間が経過すると色落ちが起こります。
最初も起こりました。
さらに、滓(おり)が大量に出ました。
おりの量は、想定外でした。
そこで、焼酎に漬けてみました。
すると、おりが出なくなりました。
その後もさらに改良を加えて、現在のプリンセスオブローズが完成しました。
現在のアルコール度数は17度です。
img_20120509_01.jpg
このプリンセスオブローズを炭酸水で5:5に割ってみると大変好評でした。
img_20120509_02.jpg
母の日バージョンのラベルとラッピングです。
img_20120509_03.jpg
ラベルは、日本語でもお作り出来ます。
素敵なローズの香りをお楽しみください。

プリンセス・オブ・ローズ はこちら

2012年4月15日 (日)

テレビはやっぱりすごい。

昨日、サンテレビの「あかし大百科」。
明石清水のイチゴ繋がりで「明石清水のとろとろイチゴリキュール」と「淡苺(あわいちご)」が放送されました。
今日は、朝からテレビを見たと言われるお客様が大勢いらっしゃいました。
ありがとうございました。
考えてみれば、サンテレビは兵庫県内が視聴地域なので、
ご覧になった方々はお客様になっていただける確率は高いわけで。
多くのお客様は、「とろとろ」か「淡苺」、どちらにするか悩まれて。
img20120406_04.jpg
私は、本日180mlを各1本ずつご購入されてはとお勧めしました。
リピーターのお客様からの一番多い質問は、
「いつまで販売してますか?」でした。
答えは、「6月終わりまでは確実に販売しています。」
ここで、改めて「あかし大百科」提供の明石市に御礼申し上げます。
そして、やのぱんさんと泉ゆうこさんもご苦労様でした。
サンテレビも侮れません。
全ての出会いに感謝。