プロフィール

フォトアルバム

めでたいタコ

兵庫県明石にある蔵元。食べることが大好きで日本だけでなく世界中のローカルな食べ物にチャレンジし、美味しいものを見つけることに喜びを感じている。子供には、メタボと言われながらも食欲には勝てず、日夜美味しいものを探しています。お酒も、自由な発想で美味しいものを提案していくことを心がけ、こだわりは押し付けず常に美味しさを求めています。

Powered by Six Apart

お酒 Feed

2016年3月17日 (木)

クイーンエリザベス号が日本に。限定酒も発売。

クイーンエリザベス号が、今日、長崎にやって来ました。

弊社の清酒「明石鯛」が、クイーンエリザベス号で提供され始めてから7年目となります。

長崎港で、お酒を搬入しました。

Img_5718

明日から、クイーンエリザベス号の中で、Sake Dinner や Sake Masterclassなどを開催する予定です。

Image1

弊社スタッフも、長崎から乗って、今回、台湾まで長旅に出発です。

そして、今回、初めての企画。

クイーンエリザベス号でしか、飲めない。そして、買えない限定酒。

Img_0838

純米吟醸酒「明石鯛 special edition 2016」が、今日からクイーンエリザベス号で発売です。

Img_0839

限定603本。

全て、シリアル番号入りです。

今回、クイーンエリザベス号を運営しているQUNARD社さまと、今まで以上にお話をさせて頂きました。

ブランド管理が徹底していて、弊社に取まして栄誉と共に学ぶことがたくさんありました。

初めて知ったことの中で、ひとつだけお話しするとすると、クイーンエリザベス号のことを話すときは、She、her と表現しなくてはなりません。Ship は、禁句だそうです。

他にも、日本の法律で知らないことも今回学びました。

業界が違うと、日常触れる法律も違うと感じるとともに、面白いなと思っています。

大阪港へは、22日が来航予定ですので、今から楽しみです。

2015年2月16日 (月)

明石の日本酒と食材で楽しむ、おしゃれな日本酒の味わい方(Osakeでバレンタインパーティー)

2月13日グルーンヒルホテルで

「明石の日本酒と食材で楽しむ、おしゃれな日本酒の味わい方(Osakeでバレンタインパーティー)」を開催しました。

Img_20150123

講師として、日本酒造組合中央会認証の日本酒スタイリスト「手島麻紀子」先生にお願いしました。

今回のイベントは、明石商工会議所の全面的なバックアップもあり、普段のお酒の会とは趣を変えて、「おしゃれに」をテーマにしたいと手島先生にお願いをしまして会の表題も考えて頂きました。

そして、メインは、日本酒と食材の相性を考えるペアリング講座をして頂きました。

Img_0004

まず、座学があり、続いてペアリング講座です。

Img_0010

事前に、手島先生に試食して頂いて選んだ食材は明石のタコ。

このタコを「タコわさ」「タコのカルパッチョ」「タコのアヒージョ」「タコのから揚げ」と、どんなタイプのお酒が相性が良いかのペアリング講座でした。

Img_0016

そして、最後に食事会と楽しいひと時。

Img_0020

定員70名を超えて83名の方のご参加がありました。

ありがとうございました。

また、今回は、手島先生のペアリング講座の事前準備にお付き合いをさせて頂き、この事前準備があるから講演も大変素晴らしかったんだと実感しました。

この会の後に、手島先生を囲んで、明石の蔵元で会食を行いましたが普段にも増して盛り上がりました。

ぜひ、これからも明石のお酒をお飲み頂ければ幸いです。

2013年11月27日 (水)

神戸新聞に掲載されました。

本日の神戸新聞明石版に「大人のリキュールシャーベット」が掲載されました。

Photo

 

 須磨にある、ナナファームでお買い求め頂けます。

 あと、弊社店舗酒笑本館やネットでもお買上げ頂けます。

 温かいお部屋で、どうぞ。

2013年11月15日 (金)

ゆきんこ

最近、寒くなって来ました。

日本酒の季節、到来です。

毎年、この季節になると登場する「ゆきんこ

寒さに合わせて発売を開始しました。

Photo_2

 この「ゆきんこ」は、中身が本醸造酒が300ml入っています。

そして、お風呂好きで、コルクを外してもらえれば、そのまま湯煎が出来ますので、お燗酒の出来上がりです。

さらに、個性豊かな「ゆきんこ」は、実は全員、顔が違います。

手書きの成せる技です。

この冬、飲み終わった後も、ポカポカ出来る「ゆきんこ」をお楽しみ下さい。

Photo_3

 

ゆきんこ全員集合です。

2012年10月16日 (火)

akashi-tai

昨日、魔法のレストランで菊の井の村田さんが、ロンドンで立ち上げたレストランの出来る過程を放送していました。

思わず見てしまいました。

ロンドンで成功して世界展開をしている日本食レストランはいくつもありますが、残念ながら日本人オーナーのところは少ないです。

だからこそ、村田さんに頑張って頂きたいです。

そんな中、今日モーリシャスへ向けてakashi-taiが出荷されました。

お陰さまで、リピートの注文です。

また、二年続けてクイーンメアリー2が大阪港に寄港して、その際にakashi-tai dinnerを開催していましたが、来年日本への寄港予定がなく、残念と思っていましたがオファーが来ました。

来年は、クイーンメアリー2とクイーンヴィクトリアの2回。

香港と上海の間のクルーズです。

そして、さらに嬉しいニュースが。

イギリスの私が一番美味しいものを売っていると信じているマークス&スペンサーからオファーが来ました。

まだ数年かかると思っていましたが。

美味しい食べ物と、美味しいお酒でぜひ楽しいひと時を。

これは、世界共通です。

お酒が美味しい季節となりました。

日本酒akashi-taiで乾杯。