プロフィール

フォトアルバム

めでたいタコ

兵庫県明石にある蔵元。食べることが大好きで日本だけでなく世界中のローカルな食べ物にチャレンジし、美味しいものを見つけることに喜びを感じている。子供には、メタボと言われながらも食欲には勝てず、日夜美味しいものを探しています。お酒も、自由な発想で美味しいものを提案していくことを心がけ、こだわりは押し付けず常に美味しさを求めています。

Powered by Six Apart

« 明日は半夏生 | メイン | 池波正太郎 江戸料理帳 »

2015年7月 3日 (金)

どぶろく

今年は、三田村邦彦さんが「おとな旅あるき旅」のロケで弊社を訪れてくださりました。

そこで、「どぶろく」をお飲み頂いた結果、生産が追いつかないほどの注文がありました。

そして、この6月から大丸神戸店にて、「どぶろく あかしたい」の取り扱いが始まりました。

さらに、7月1日から7日まで、東京は新宿伊勢丹にて、弊社「どぶろく あかしたい」を期間限定ですが販売させて頂きます。

ちなみに、7月7日の七夕の日には、店頭販売に私が行く予定です。

どぶろくは、やはり生(なま)でお飲み頂くのが一番だと確信しています。

ただ、開栓方法には、ご注意下さい。

弊社スタッフが作った開栓説明です。

Dobukaisen_1

開栓前には、決して決して瓶を振らないで下さい。

缶入り炭酸飲料を蓋を開ける前に振らないのと同じです。

Dobukaisen_2 

Dobukaisen_3

瓶の液面を注意して見て下さい。

開栓と同時に液面が上がります。(炭酸ガスが出るため)

眺めていると、どぶろくが溢れ出てしまいます。

周りの方、ひいてはご自分も汚れてしまいますので、ご注意ください。

液面が上がり出したら一度締めて下さい。

Dobukaisen_4

液面が下に落ちていくと再度開栓して下さい。

炭酸ガスは、キャップの穴から出て行きます。

Dobukaisen_5

Dobukaisen_6

Dobukaisen_7

Dobukaisen_8

Dobukaisen_9

そして、ここで初めて瓶を振って下さい。

皆様に美味しくお飲み頂けることを願っています。

コメント

コメントを投稿